有機JAS認定取得


title_jas
日本国内で「有機」「オーガニック」「organic」などと表示した有機食品を販売する場合、必ず農林水産省の規格・基準を満たしているという「有機JAS」の認定を受けなければなりません。

「有機JAS」マークは、有機食品のJAS規格に適合した生産が行われているかを登録認定機関が検査し認定された事業者のみが貼ることができます。

有機JAS認定は、原材料のみならず「有機農産物加工食品」の製造過程においても製造業者の認定の技術的基準が厳しく定められており、設備や加工工程(原材料の受け入れ・保管から製造・加工方法・出荷)に至るまで、厳しい基準をクリアしなければなりません。

株式会社ドリーム・フーズの本社工場は、有機(オーガニック)加工食品製造及び小分けのJAS認定工場として、農林水産大臣の登録を受けた登録認定機関より認定を受けております。